東京石桜同窓会 岩手中学校・岩手高校同窓会 東京支部公式ホームページ

東京石桜同窓会 岩手高等学校 中学校
問合せ個人情報保護方針サイトマップ 文 字
サイズ
ごあいさつ
同窓会概要
同窓会からお知らせ
つどい報告
総会報告
同好会からお知らせ
校歌・応援歌
QRコード対応の携帯電話
をお持ちの方はこちらから
携帯サイトご登録できます
 
アクロバットリーダー取得
当ホームページでは一部の情報(資料)をPDF形式で提供しております。お読みいただくためにはAdobe Reader必要です。
 

  
東京石桜同窓会の皆様、こんにちは。
日頃は同窓会活動を通じ、母校岩手中学・高等学校に絶大のご支援、ご高配をいただき有り難く心より感謝いたしております。 この度、活動のひとつのツールとしてホーム ページを立ち上げることとなり、前会長、現会長のご指導のもとにこのように立派に 開設の運びとなりましたことは、この企画に携わられた全ての方のご努力の賜物と心から御礼を申し上げます。
同窓会活動には、ひとつは、岩手中学校、高等学校で学ばれた「積慶・重暉・養正」の三大校是、「石桜精神」にあるように自主独立の精神、を同窓会の諸活動と同窓生自身を通じ 継承し高揚していくということ。
もうひとつが、岩手中学・高等学校出身者の皆さまのヨコの友情・タテのコミュニケー ションの活性化ではないでしょうか。 このHPが同窓会会員の情報源として有効に機能し、その活動が大いに充実し、活発になりますようにお祈りし期待いたしております。
また、本校のHPも見てください。現役も先輩たちに負けないように頑張っております。 どうか、母校に変わらぬ、温かいご支援、ご高導をお願いいたします。
会員の皆様の益々のご発展、ご健勝を祈念してご挨拶とします。
                                           三田義之
 
東京石桜同窓会会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。また、平素は当会の運営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 令和となって初の新年を迎えた本年(令和2年)は、残念ながら新型コロナウイルス感染症という新たな脅威にさらされるなかでスタートを切りました。その後、感染が世界に広がり、未曽有のパンデミックに陥ったのは皆さま周知の通りであります。かつて経験したことがない不自由な生活を強いられ、感染第2波の懸念も指摘されるなかで、学校教育や同窓会活動についてもコロナとの共存を念頭に新たな体系を構築せざるを得ない状況に入ったと言えるでしょう。
思えばこのような苦難に立ち向かい、自らの力で果敢に未来を切り拓くのが、私たちの心の拠りどころである石桜精神にほかなりません。世代を超えて同窓生間の絆を強固にし、母校が貫いてきた質実剛健の教育を一致結束して支えていく必要性が高まっているとも受け止めています。 今、コロナ禍を背景に社会のあらゆる領域で仕組みを根底から見直す取り組みが始まっています。当会もこれを機に皆さまの意見を伺いつつ、情報機器の活用による合理的・効率的な組織運営の検討、ホームページを通じた情報発信の一層の強化など、未来志向の同窓会の姿を探っていきますので、引き続き皆さまの協力とご理解、同窓会活動への積極的な参加をよろしくお願い申し上げます。
尚、令和2年3月に母校を卒業した当会新会員は20数名を数えます。若き新会員にとっては嵐のなかでの船出という格好になりましたが、何とかこの危機を乗り切って頂きたいと念願しております。 これからの季節は熱中症の危険にもさらされます。会員の皆さまにおかれましては、健康にくれぐれも留意され、再会のときまでお待ちいただければと存じます。
このため当会のホームページも石桜同窓会本部の支援のもと、集いの会や活動報告など情報提供の充実に努めており、引き続きコンテンツの充実を図っていく所存です。会員の皆様の情報提供や会へのご意見などご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和2年6月
東京石桜同窓会会長
前関邦明
(新23回生・昭和46年卒)

石桜同窓会の皆様には、益々ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。平成29年度総会において皆様からご承認いただき、名誉ある岩手中学・高等学校の石桜同窓会会長を仰せつかりました、新18回卒の村井紀之です。お引き受けしましたからには、微力ではございますが、会長として他の役員の方々や岩手奨学会、岩手中学・高等学校共に一致団結して、一生懸命職責を果たすつもりです。同窓生の皆様方におかれましても、格別なるご支援ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年、岩手中学・高等学校は創立90周年を迎えました。各時代の諸先輩方の母校愛・私立校ならではの連帯感の賜物により、同窓会は母校の一番の応援団としてその活動をこれまで継続させてくることができました。私たちも先輩方の想いを受け継ぎ、同窓会活動をより促進・拡大することで、母校の発展に寄与していきたいと考えております。最近では、創立90周年協賛事業の一環として、建学の父「三田義正翁」の胸像を母校へ寄贈させていただきました。又、石割桜に象徴される「不撓不屈」「質実剛健」の石桜精神の発揚として「石割桜に向かって校歌を歌う会」を実施する等、様々な形で母校へエールを送っています。

しかしながら、時代の流れでしょうか、近年では若い世代の同窓会活動への関心が薄れきているようです。平成16年度当時の村上照五郎会長が提案・創設された賛助会費制度へのご協力は減少傾向にあり、又、総会やクラブOB会等への参加者を見ましても新しい卒業生の顔を見る機会が年々減ってきているように感じます。

そこで平成20年度には、小枝指前会長のお声掛けでこの石桜同窓会ホームページを開設し、若い世代や遠い地にお住いの方などにも同窓会の的確な情報を発信できるようになりました。このホームページで随時最新の状況をお知らせしていくことで、会員の皆様方に積極的に同窓会活動に参加していただけるようにして参りたいと思っております。是非ご高覧いただき、より一層のご参加をいただければ幸いです。

本年度、母校は創立91年目を迎えました。石桜同窓会の運営は皆様方のご協力なくしてはできないものでございます。今後はより一層、各学年理事、各支部、各クラブOB会の皆様方の様々なご意見を積極的に同窓会運営に反映していきたいと考えておりますので、私もできる限り出席させていただく予定です。又、我らが岩手中学・高等学校が県内唯一の男子校として、その伝統や特色を生かし魅力ある学校としてさらなる発展を遂げていけるよう、今現在勉学に励んでいる後輩達に協力を惜しまず応援していきたいと考えております。

終わりに、岩手中学・高等学校、石桜同窓会の発展をお祈りしまして、挨拶とさせていただきます。

石桜同窓会会長
村井 紀之
東京石桜同窓会会員の皆様、日頃より母校への多大なご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。学校長として東京石桜同窓会の皆様へのご挨拶にあたり、まずは御礼を申し上げます。             
九十有余年の歴史と伝統ある我が岩手中学校・岩手高等学校は、これまで、中高を合わせて二万人近くの卒業生を送り出し、それぞれが各分野で活躍されていらっしゃいます。中でも東京石桜同窓会の活発な活動ぶりは素晴らしいことであります。 交通機関の発達にともなって、東京石桜同窓会と、盛岡をはじめ各地の石桜同窓会との交流も益々盛んになり、卒業生同士の交流も大変多くなっていると聞いております。
私たち教職員は、「石桜精神」で表される岩手中・高等学校のすばらしい校風を継承しつつ、新しい感覚を取り入れながら、母校の発展のために奮闘努力するつもりでおります。東京石桜同窓会会員の皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。             
岩手中・高等学校 校長
和田 健一郎
ごあいさつ | 東京石桜同窓会概要 | 事務局からのお知らせ | つどい報告 | 総会報告(盛岡link)学校からのお知らせ
ギャラリー懇親同好会 | 校歌・応援歌 | 協賛広告募集要綱リンク
Copyrights Tokyo Sekiou Dousokai.